So-net無料ブログ作成

ルネサンスリュート : Marcello Armand - Pilon [リペア]

3524868352486935248703524871

ネック折れの修理です。まず表面板を取り外します。ネックの接着面を整えた後ネックを接着。
表面板を取り付けて完了です。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

husnp

はじめまして。修理って楽器のことよく知らないとできないですよね…。

数ミリの板を重ね合わせて作成されてるの見て、こんな繊細な楽器に10本以上の弦を張るのはかなり綱渡り無気がしますね。

海外のHistorical本を見てて思ったんですが、リュートって機械的に弱いので廃れたんじゃないかと勝手に思ってます。

by husnp (2010-12-04 15:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。